トップページ > ニュースライン > トレンドボックス > 外国人旅行者の困ったこと 「コミュニケーション」が1位(観光庁)

トレンドボックス

外国人旅行者の困ったこと 「コミュニケーション」が1位(観光庁)

 観光庁はこのほど、「訪日外国人旅行者の国内における受入環境整備に関するアンケート」の結果を公表した。同アンケートは、訪日外国人旅行者の利用が多い成田国際空港、東京国際空港、関西国際空港を中心とした空港・港湾などで、訪日外国人旅行者を対象に、旅行中困ったこと、受け入れ環境(多言語対応、通信環境、公共交通など)へのニーズ、満足度などについて尋ねた。

 旅行中困ったことは、「施設などのスタッフとのコミュニケーションがとれない」が32.9%で最多。次いで「無料公衆無線LAN環境」が28.7%、「多言語表示の少なさ・分かりにくさ」が23.6%となった。一方、「困ったことはなかった」という回答も30.1%に上った。

 コミュニケーションで困った場所については、都市部(東京・名古屋・京都・大阪)では、「飲食・小売店」が23.1%でトップで、「鉄道駅・ターミナル」(12.2%)が後に続いている。都市部以外でも、「飲食・小売店」が18.2%と最多となった。

 詳細は、http://www.mlit.go.jp/kankocho/news08_000233.htmlを参照。

 

    観光庁 http://www.mlit.go.jp/kankocho/

    地域振興情報 http://www.jcci.or.jp/region/

    まちナビ http://www.jcci.or.jp/region/town/

    観光ナビ http://www.jcci.or.jp/region/tourism/