トップページ > ニュースライン > トレンドボックス > 標準化人材育成アクションプランを策定(経済産業省)

トレンドボックス

標準化人材育成アクションプランを策定(経済産業省)

 経済産業省の標準化官民戦略会議標準化人材育成WGはこのほど、「標準化人材を育成する3つのアクションプラン」を策定した。同プランでは、「第4次産業革命の進展により標準化の位置づけが大きく変化しており、標準化人材も、より広い概念で捉え直す必要が出てきている」と指摘。標準化人材を「ルール形成戦略マネージメント人材」「標準化専門家」「標準化を支える裾野人材」と定義した。また、わが国の標準化活動の中心的役割を担うべき民間企業、特にその経営層および企業の標準化活動をサポートする政府や関連団体が、標準化人材を育成する上で直ちに取り組むべき3つのアクションとして、「経営層の理解を深める」「組織体制や人事評価制度を明確にする」「人材育成計画を作成し実行する」を提示している。

 詳細は、http://www.meti.go.jp/press/2016/02/20170201004/20170201004.htmlを参照。

 

    経済産業省 http://www.meti.go.jp/