トップページ > ニュースライン > トレンドボックス > [新刊紹介]『フランスの地方都市にはなぜシャッター通りがないのか』(学芸出版社)

トレンドボックス

[新刊紹介]『フランスの地方都市にはなぜシャッター通りがないのか』(学芸出版社)

 日本と同じくクルマ社会で、郊外には巨大なショッピングモールがあるのに、なぜフランスの地方都市の中心市街地は活気にあふれ、魅力的なのか。「駐車場と化した広場」から「歩いて楽しいまちなか」への変化の背景にある、歩行者優先の交通政策、中心市街地と郊外を共存させる商業政策、スプロールを防ぐ都市政策を読み解く。

 (『フランスの地方都市にはなぜシャッター通りがないのか』交通・商業・都市政策を読みとく/ヴァンソン藤井由実・宇都宮浄人 著/204頁/2300円(税別)/学芸出版社)

 詳細は、http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2636-8.htmを参照。