トップページ > ニュースライン > トレンドボックス > 欧州進出企業に調査、「政治・社会情勢」が最大の課題(JETRO)

トレンドボックス

欧州進出企業に調査、「政治・社会情勢」が最大の課題(JETRO)

 独立行政法人日本貿易振興機構(JETRO)はこのほど、欧州に進出している日系企業を対象に実施した経営実態に関するアンケート調査の結果を公表した。経営上の課題は、前年に第4位であった「欧州の政治・社会情勢」が前年比12.9ポイント増の47.9%でトップ。JETROでは、「EU懐疑主義やポピュリズムの台頭による政治の先行き不透明性に加え、テロ・移民問題などによる観光客の減少とそれに伴う消費への影響懸念が背景にある」と見ている。

 英国のEU離脱を受け、現在または今後対応を検討する可能性のある内容として、在英国日系企業のうち、製造業では「為替リスクへの対応」(64.0%)、非製造業では「規制、法制度の変更への対応」(53.9%)と回答した企業の割合が多かった。

 詳細は、https://www.jetro.go.jp/news/releases/2016/cbcc74e23ba1f981.htmlを参照。

 

    独立行政法人日本貿易振興機構 https://www.jetro.go.jp/

    中小企業関連 http://www.jcci.or.jp/sme/

    国際関連 http://www.jcci.or.jp/international/