トップページ > ニュースライン > トレンドボックス > 来年春ごろ全面施行予定の改正個人情報保護法ガイドライン公示される(個人情報保護委員会)

トレンドボックス

来年春ごろ全面施行予定の改正個人情報保護法ガイドライン公示される(個人情報保護委員会)

 改正個人情報保護法の全面施行日は公布(平成27年9月9日)から2年以内の政令で定める日とされ、現在、平成29年春頃を目指して施行準備が進められている。このほどそのガイドライン(通則編、外国にある第三者への提供編、第三者提供時の確認・記録義務編及び匿名加工情報編)がパブリックコメントの募集を経て公示された。

 

 これまで法律の対象外であった取扱う情報が5,000件以下の小規模取扱事業者も個人情報保護法が適用されることになるほか、従来の対応企業もトレーサビリティなどへの対応が求められるようになる。

 

 詳細は、http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=240000025&Mode=2を参照。

 

 個人情報保護委員会 http://www.ppc.go.jp/

 

(参考)

中小企業向けの改正個人情報保護法説明会を全国でスタート(個人情報保護委員会事務局)

http://www.jcci.or.jp/news/trend-box/2016/1018162136.html

 

中小企業向けの改正個人情報保護法対応セミナーを大阪、東京で開催(JIPDEC、日本商工会議所)

http://www.jcci.or.jp/it/2016/1122113820.html