トップページ > ニュースライン > トレンドボックス > 企業職員研修コンプライアンスセミナー「機能性表示食品制度の届出のポイントと現状の課題」の参加者を募集(独立行政法人国民生活センター)

トレンドボックス

企業職員研修コンプライアンスセミナー「機能性表示食品制度の届出のポイントと現状の課題」の参加者を募集(独立行政法人国民生活センター)

平成274月に機能性表示食品制度が始まってから1年半以上が経過し、これまで消費者庁への届出が300件を超えていることを踏まえ、(独)国民生活センターでは、企業における消費者志向の向上を目的に、118日~19日および21日~2日に開催する、「企業職員研修コンプライアンスセミナー『機能性表示食品制度の届出のポイントと現状の課題』」の参加者を募集している。

本セミナーは、機能性表示食品制度に関する知見を獲得したい企業の担当者を対象に、機能性表示食品制度の届出の手続きや現状の問題点、今後の展望等について、学識経験者、弁護士、消費者庁担当官等から説明を受けるもの。

 

詳細・お申込みは、http://www.kokusen.go.jp/seminar/info.htmlを参照

 (独)国民生活センターhttp://www.kokusen.go.jp/ncac_index.html