トップページ > ニュースライン > トレンドボックス > 「平成27年版 働く女性の実情」を取りまとめ(厚生労働省)

トレンドボックス

「平成27年版 働く女性の実情」を取りまとめ(厚生労働省)

 厚生労働省はこのほど、「平成27年版 働く女性の実情」を取りまとめた。「働く女性の実情」は、政府や研究機関などの各種統計調査を用いて、働く女性の状況などを分析した報告書で、昭和28年から毎年公表している。

 同報告書は3部構成で、1部では就業状況や労働条件など働く女性に関する状況について、2部では働く女性に関する厚生労働省の施策をまとめている。3部では、昭和60年の男女雇用機会均等法の成立以後30年間の雇用均等行政分野の法律の変遷と働く女性に関するデータから、女性労働者を取り巻く環境の変化を解説している。「M字カーブ」といわれる女性の年齢階級別の労働力率は、この30年間でM字型の底(3034歳)の労働力率が20.6ポイント上昇。労働力率が上昇した全ての年齢階級(2564歳)で有配偶者の労働力率の上昇による効果が大きいと分析している。

 詳細は、http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000135522.htmlを参照。

 

    厚生労働省 http://www.mhlw.go.jp/

    中小企業関連 http://www.jcci.or.jp/sme/

    雇用・労働 http://www.jcci.or.jp/sme/labor/

    若者・女性の活躍推進 http://www.jcci.or.jp/sme/labor/youthandwoman/