トップページ > ニュースライン > トレンドボックス > 健保組合決算見込み、平均保険料が初の9%超え(健保連)

トレンドボックス

健保組合決算見込み、平均保険料が初の9%超え(健保連)

 健康保険組合連合会はこのほど、全国1405健保組合の平成27年度決算見込みの概要を公表した。経常収支は、経常収入77,854億円、経常支出76,576億円、経常収支差引額は1,278億円の黒字となった。保険料収入総額は76,676億円で、前年度比1,843億円増加した。保険料収入増加は、313組合が保険料率を引き上げたことと被保険者数の増加、月額・賞与の上昇が要因。

 平均保険料率は9.035%で、前年度比0.153ポイント増加し、初めて9%を超えた。赤字組合は651組合で、前年度に比べ89 組合減少したものの、依然として46.33%の組合が赤字となっている。

 詳細は、http://www.kenporen.com/press/を参照。

 

    健康保険組合連合会 http://www.kenporen.com/

    中小企業関連 http://www.jcci.or.jp/sme/