トップページ > ニュースライン > トレンドボックス > インターンシップの先進地に 被災地企業で就業体験(復興庁)

トレンドボックス

インターンシップの先進地に 被災地企業で就業体験(復興庁)

 復興庁はこのほど、被災地企業で就業体験などを行う「復興・創生インターン」を実施することを発表した。平成25年度から平成27年度にかけて実施した「復興支援インターン」を、平成28年度は内容をより充実させ、「復興・創生インターン」として実施する。

 参加学生は、被災地企業での就業体験などを通じ、キャリア観を形成し問題解決能力を向上するとともに、地元に根付いた団体のコーディネートによって、被災地の魅力を感じてもらうことが目的。受け入れ企業は、参加学生の受け入れを通じ、インターンシップの受け入れプログラムの充実、人材獲得および育成、雇用管理の改善などに取り組むことで、被災地域を「実践型インターンシップ」の先進地域とすることを目指す。夏季(89月)は、気仙沼市6社、女川町2社、石巻市3社、春季(2月~3月)は、気仙沼市7社、女川町3社、石巻市3社での受け入れを予定している。

 詳細は、http://www.reconstruction.go.jp/topics/m16/07/20160701180619.htmlを参照。

 

    復興庁 http://www.reconstruction.go.jp/

    雇用・労働 http://www.jcci.or.jp/sme/labor/

    地域振興情報 http://www.jcci.or.jp/region/

    東日本大震災復旧・復興支援情報 http://www.jcci.or.jp/region/tohokukantodaisinsai/