トップページ > ニュースライン > トレンドボックス > コーポレートガバナンスに関する研究会を設置(経済産業省)

トレンドボックス

コーポレートガバナンスに関する研究会を設置(経済産業省)

 経済産業省はこのほど、「CGS研究会」(コーポレート・ガバナンス・システム研究会)を設置し、日本の制度や実態を踏まえた取締役会の機能向上(モニタリング機能の強化)を図る場合の考え方や実務について検討を行うことを発表した。研究会では、「取締役会の役割・機能」「CEOの選定・後継者計画、インセンティブ付与」「社外取締役の役割、社外取締役の人材の質的・量的な向上」「監査等委員会設置会社の活用」などのテーマを中心に取り上げ、平成292月頃を目途に報告書を取りまとめる予定。

 詳細は、http://www.meti.go.jp/press/2016/06/20160623001/20160623001.htmlを参照。

 

    経済産業省 http://www.meti.go.jp/