トップページ > ニュースライン > トレンドボックス > 伝統的工芸品の海外販路開拓支援を開始(経済産業省)

トレンドボックス

伝統的工芸品の海外販路開拓支援を開始(経済産業省)

 経済産業省は、伝統的工芸品の海外販路開拓や地域経済の活性化の推進のため、日本各地に埋もれた「伝統的工芸品」の技術を海外目線で再評価し、海外需要を発掘していく「Craft Meetプロジェクト(クラフト・ミート・プロジェクト)」を開始する。

 「Craft Meet プロジェクト」では、日本各地に埋もれた「伝統的工芸品」の技術・ストーリーに注目し、各分野の有識者(海外のブランドマネージャー、デザイナー、料理人、バイヤーなど)をそれぞれの産地に招聘。有識者の観点から技術・技巧を再評価することで伝統的工芸品や各産地のプロモーションを実施する。また、評価内容を参考に、それぞれの各産地の製造事業者が海外販路開拓やインバウンド観光誘致に向けた「産地ブランド」を形成していくための概念作りの支援を行う。

 621日から719日かけて海外有識者の招聘先(産地・事業者)を募集。全国9カ所で説明会も開催する。

 詳細は、http://www.meti.go.jp/press/2016/06/20160620002/20160620002.htmlを参照。

 

    経済産業省 http://www.meti.go.jp/

    地域振興情報 http://www.jcci.or.jp/region

    まちナビ http://www.jcci.or.jp/region/town

    観光ナビ http://www.jcci.or.jp/region/tourism/

    ものナビ http://www.jcci.or.jp/region/monodukuri/