トップページ > ニュースライン > トレンドボックス > IT人材の最新動向などに関する調査を取りまとめ(経済産業省)

トレンドボックス

IT人材の最新動向などに関する調査を取りまとめ(経済産業省)

 経済産業省はこのほど、IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果を取りまとめた。調査結果では、マクロな規模でのIT人材(IT企業およびユーザ企業情報システム部門に所属する人材)は、現在の人材数は約90万人、不足数は約17万人と推計。今後2019年をピークに人材供給は減少傾向となり、より一層不足数が拡大すると指摘している。IT人材の育成や確保に向けて取り組むべき内容については、「より多様な人材(女性、シニア、外国人材)の活躍促進」「人材の流動性の向上(高付加価値領域への戦略的人材配置)」などの5つのポイントに集約して示している。

 詳細は、http://www.meti.go.jp/press/2016/06/20160610002/20160610002.htmlを参照。

 

    経済産業省 http://www.meti.go.jp/