トップページ > ニュースライン > トレンドボックス > 店内表示指針を策定 外国人観光客に対応(経済産業省)

トレンドボックス

店内表示指針を策定 外国人観光客に対応(経済産業省)

 経済産業省はこのほど、日本で買い物をする外国人旅行者の増加を受け、「小売業の店内の多言語表示ガイドライン」を取りまとめた。2015年の訪日外国人旅行者が約2,000万人に達するなど、外国人旅行者が急増。店内表示の多言語化により外国人旅行者が買い物をしやすい環境の整備を促進させる。

 ガイドラインでは、特に外国人利用者から要望があった売り場、商品、緊急の案内などの多言語による表示方法を解説。トイレ、非常口、禁煙といった代表的なものについては、英語と絵記号による表示例を紹介している。

 詳細は、http://www.meti.go.jp/press/2016/04/20160404002/20160404002.htmlを参照。

 

    経済産業省 http://www.meti.go.jp/

    地域振興情報 http://www.jcci.or.jp/region/

    まちナビ http://www.jcci.or.jp/region/town/

    観光ナビ http://www.jcci.or.jp/region/tourism/