トップページ > ニュースライン > 地域最前線 > いざ!出陣!海戦(鮮)お好み焼き「因島村上海賊焼き」を開発(因島商工会議所)

地域最前線

いざ!出陣!海戦(鮮)お好み焼き「因島村上海賊焼き」を開発(因島商工会議所)

 因島商工会議所(広島県、村上祐司会頭・因の島ガス)はこのほど、「村上海賊」にちなんで、瀬戸内海の海の幸をふんだんに使ったお好み焼き「因島村上海賊焼き」を開発し市内13店舗で提供を開始した。

 この「村上海賊焼き」は、日本遺産に「村上海賊」が登録されことがキッカケで生まれたもの。具材にはタコ(イイダコまたはタコのぶつ切り)を含めた海鮮を2種類以上入れること、近郊の特産であるうどんを使うこと、そして村上海賊の旗(横二重線の下に村上の上の字を丸で囲んだもの)を立てることを決まりごととしているほか、見た目と値段は各店が工夫を凝らしている。

 「村上海賊」とは金品を略奪する海賊ではなく芸予諸島を本拠地にしていた瀬戸内海の複雑な地形を掌握した海の関所の守り人で、かつ新鮮な魚介類を扱う漁業者であり、商人と文化人の顔も併せ持っていた“村上水軍”と呼ばれる村上姓の一族のこと。戦国時代に宣教師ルイス・フロイスに「日本最大の海賊」と言わしめたのは有名な逸話の一つでもある。

 詳細はhttp://cci.in-no-shima.jp/chiikishinkou/kaizokuyaki.htmlを参照。

 

   因島商工会議所http://cci.in-no-shima.jp/index.html

   地域振興情報http://www.jcci.or.jp/region/

   まちナビhttp://www.jcci.or.jp/region/town/

   観光ナビhttp://www.jcci.or.jp/region/tourism/

   地域のブランド戦略http://www.jcci.or.jp/region/brand/