トップページ > ニュースライン > 地域最前線 > 11月7日に、「地震対策セミナー」を開催(さいたま商工会議所)

地域最前線

11月7日に、「地震対策セミナー」を開催(さいたま商工会議所)

 さいたま商工会議所(埼玉県、佐伯鋼兵会頭・佐伯紙工所)は11月7日、同所建設部会主催で「地震セミナー」を、岩槻駅東口コミュニティセンター3階「ワッツルームA」で開催する。

 近年、日本国内でも異常気象や自然災害のニュースを目にする機会が増えている。また、熊本地震から1年半余が経過したが、未だ仮設住宅で生活している方々が多く存在している。そこで同所では講師に、元東京大学地震研究所の都司嘉宣氏を招き「過去の歴史から学ぶ! さいたま市の地震で怖いのは液状化 特に古利根川と元荒川流域はご用心」と題して話を聞く。定員は150人(先着順、定員になり次第締め切り)、参加費は無料。

 講演終了後には、さいたま市役所担当者による「既存建築物耐震補強等助成制度」に関する説明も行われる。

 詳細は、http://www.saitamacci.or.jp/SCCI_asp/topix.asp?back_flg=1&tx_code=557を参照。

 

   さいたま商工会議所 http://www.saitamacci.or.jp/