トップページ > ニュースライン > 地域最前線 > 中心市街地の活性化目指し、支援機関と連携協定締結(武生商工会議所)

地域最前線

中心市街地の活性化目指し、支援機関と連携協定締結(武生商工会議所)

 武生商工会議所(福井県、山本仁左衛門会頭・カラヤ)と越前市、同市のまちづくり会社「まちづくり武生」、市内の5金融機関は7月26日、越前市文化センターで、「越前市中心市街地活性化に係る支援機関連携協定」を締結した。

 同協定は、2023年の北陸新幹線新駅開業を見据え、商工会議所や行政、まちづくり会社、金融機関が連携体制を構築することで中心市街地に活力を生み出すことを目的としたもの。同所は平成27年度より、「地方創生」「中心市街地活性化」などをテーマに行政などと協議を重ねてきた。

 協定は、「事業承継に関する課題解決に資する協力支援」や「空き店舗などへの出店に伴う運転・設備資金に関する協力支援」「新規開業計画者に対する協力支援」など6項目。同協定締結により、中心市街地の景観づくりや空き家問題、事業者の課題解決が加速することが期待される。

 

   武生商工会議所http://takefucci.net/

   地域振興情報http://www.jcci.or.jp/region/

   まちナビhttp://www.jcci.or.jp/region/town/