トップページ > ニュースライン > 地域最前線 > 美濃和紙を使ったポロシャツ「岐阜ポロ」を販売(岐阜商工会議所)

地域最前線

美濃和紙を使ったポロシャツ「岐阜ポロ」を販売(岐阜商工会議所)

 岐阜商工会議所(岐阜県、村瀬幸雄会頭・十六銀行)と岐阜市の繊維事業者でつくる「岐阜シャツプロジェクト」は7月28日、美濃和紙を使った特殊生地のポロシャツ、「岐阜ポロ」の販売を開始した。昨年開発されたクールビス用シャツ「岐阜シャツ」に続く新商品だ。同プロジェクトは、岐阜の繊維産業を盛り立てようと平成26年にスタート。特産品である美濃和紙を活用し、暑い夏を快適に過ごせる新しい定番シャツを開発した。

 第2弾となる岐阜ポロは、麻のような乾いた肌当たりが特徴。吸水・速乾・軽量性に加え特殊な撚糸(ねんし)技術による伸縮性と抗菌性を実現した。色は紺と赤で4サイズを展開、1枚1万5000円(税込み)。岐阜高島屋などで販売している。

 詳細は、https://www.gifushirt.com/を参照。

 

   岐阜商工会議所http://www.gcci.or.jp/

   地域振興情報http://www.jcci.or.jp/region/

   まちナビhttp://www.jcci.or.jp/region/town/

   ものナビhttp://www.jcci.or.jp/region/monodukuri/