トップページ > ニュースライン > 地域最前線 > 「市川のなし」を使った商品・メニューを募集、31日まで(市川商工会議所)

地域最前線

「市川のなし」を使った商品・メニューを募集、31日まで(市川商工会議所)

 市川商工会議所(千葉県、石井 邦夫会頭・市川環境エンジニアリング)や市川市農業協同組合などで構成する市川地域ブランド協議会は、市川市の特産品で地域団体商標登録されているナシ、「市川のなし」を使った商品やメニューを募集している。参加店は、8月上旬発行の「市川のなし食べ歩きまっぷ2017チラシ(仮称)」と公式ホームページで紹介される。

 千葉県は和梨の生産量が全国トップクラスであり、中でも市川は年間8000トンが生産されるナシのまち。そこで、市川のナシを使った商品を多く開発し、ブランド化を推進するのが目的だ。昨年は洋菓子、デザート、ドレッシング、飲食メニューなど60品を紹介した。

 問い合わせは同所へ。申し込み締め切りは7月31日。

 

   市川商工会議所http://www.ichikawa-cci.or.jp/

   地域振興情報http://www.jcci.or.jp/region/

   まちナビhttp://www.jcci.or.jp/region/town/

   ものナビhttp://www.jcci.or.jp/region/monodukuri/