トップページ > ニュースライン > 地域最前線 > 4間大凧を大空へ「相模の大凧まつり」に参加(相模原YEG)

地域最前線

4間大凧を大空へ「相模の大凧まつり」に参加(相模原YEG)

 相模原商工会議所(神奈川県、杉岡 芳樹会頭・相模ガス)青年部は5月4、5日の2日間、「相模の大凧まつり」に参加した。同まつりは、天保年間(1830年頃)から継承されている同市の伝統行事で、保存会などが中心となって、その伝統と大凧づくりの技術を守っている。同YEGでも、地域の文化を伝承しつつ、新しい文化の創造に向かおうと、毎年参加。今年も、同YEGのキャラクターである「てるて姫」をあしらったオリジナルの四間凧を作製した。

 当日は、引き手として参加したメンバーらの手によって、見事にてるて姫の四間大凧が晴天の空に舞った。同YEGでは、「大凧の製作や凧揚げを通じて、メンバー間の団結力がさらに強まった」と話し、今後も継続して参加していく意気込みを見せた。

 詳細は、http://www.s-yeg.gr.jp/event.htmを参照。

 

   相模原商工会議所青年部http://www.s-yeg.gr.jp/index.htm

   地域振興情報http://www.jcci.or.jp/region/

   ものナビhttp://www.jcci.or.jp/region/monodukuri/

   観光ナビhttp://www.jcci.or.jp/region/tourism/