トップページ > ニュースライン > 地域最前線 > 2月4日に「第1回松江城検定試験」「第10回松江観光文化検定試験」実施(松江商工会議所)

地域最前線

2月4日に「第1回松江城検定試験」「第10回松江観光文化検定試験」実施(松江商工会議所)

 松江商工会議所(島根県、古瀬 誠会頭・山陰合同銀行)は2月4日、「松江城検定試験」を初実施する。同検定は、平成27年に松江城が国宝に指定されたことから企画されたもの。出題範囲は、松江城とその城下町(1600年~現代まで)についてで、問題数は70問。正答率80%以上で合格となる。合格者すべてに合格証を、また上位10人の方にはプレゼントが贈呈される。

 また、同日、「第10回松江観光文化検定試験」も実施され、出題範囲は、松江の歴史・文化などについて。出題数は100問で、正答率70%以上で合格となる。合格者は、松江市内の観光施設や宿泊施設の入場料・宿泊料の割引などの特典が受けられる。

 受験料はいずれも大人3000円、高校生以下1000円で、受験申し込み締め切りは1月23日必着。同所は、「検定を通じて国宝になったお城や松江について知ってもらい、一人でも多くの人に松江に来てほしい」と挑戦を呼び掛けている。

 詳細は、https://www.matsue.jp/joho/01cci/110.htmlを参照。

 

   松江商工会議所https://www.matsue.jp/index.html

   地域振興情報http://www.jcci.or.jp/region/

   まちナビhttp://www.jcci.or.jp/region/town/

   観光ナビhttp://www.jcci.or.jp/region/tourism/