トップページ > ニュースライン > 地域最前線 > ウラジオストクへ代表団を派遣(秋田商工会議所)

地域最前線

ウラジオストクへ代表団を派遣(秋田商工会議所)

 秋田商工会議所(三浦 廣巳会頭・秋田日産自動車)は11月18日、中国国際貿易促進委員会延邊支会・沿海地方商工会議所の3者で締結した経済交流に関する合意書に基づき、ロシア連邦ウラジオストク市で第3回経済交流会議を開催した。同所は三浦会頭を団長とする県内企業等23人の代表団を派遣し、日中ロ3地域貿易商談会への参加や現地企業視察を通じ、さらなる経済交流促進に向けた情報交換や貿易案件の発掘を行った。

 経済交流会議では、三浦会頭が秋田県の玄関口となる秋田港の概況やロシア極東の港とを結ぶ直行航路開設に向けた貨物確保への取り組みについて報告。その後、三者で経済交流に関する合意書を改めて締結し、来年度の経済交流会議を秋田市で開催することを確認した。商談会には県内企業4社を含む計17企業が参加し、スポーツユニフォームの輸出や建材輸入などについて商談を行った。

 詳細はhttp://www.akitacci.or.jp/closeup/5496を参照。

 

   秋田商工会議所http://www.akitacci.or.jp/

   国際関連情報http://www.jcci.or.jp/international/