トップページ > ニュースライン > 地域最前線 > 山梨の地酒を東南アジアへ販路拡大図る(甲府商工会議所など)

地域最前線

山梨の地酒を東南アジアへ販路拡大図る(甲府商工会議所など)

 甲府商工会議所(山梨県、金丸 康信会頭・テレビ山梨)などで構成する「『山梨の地酒』東南アジア輸出プロジェクト」は10月25~30日の6日間、ベトナムのホーチミンとカンボジアのプノンペンで、山梨の地酒プロモーションを実施した。現地では、山梨県の4蔵元がつくる自慢の日本酒(七賢、太冠、男山、笹一)を紹介。プロモーション会場には200人を超える来場者でにぎわいを見せた。試飲した来場者からも好評を博し、「山梨の質のいい水でしかつくれない日本酒」のさらなる販路拡大に期待がうかがえた。

 また、インポーターや、現地日本食レストランとの情報交換も実施したほか、JETROホーチミン、JETROプノンペンを訪れ、現地の経済事情についても研修。現在同プロジェクトでは現地にコンサルトを派遣しており、同所では今後も積極的な後押しを図っていく予定だ。

 

   甲府商工会議所http://www.kofucci.or.jp/

   地域振興情報http://www.jcci.or.jp/region/

   国際関連情報http://www.jcci.or.jp/international/