トップページ > ニュースライン > 地域最前線 > 食べるお守りを首都圏ナチュラルローソンで販売(出雲商工会議所)

地域最前線

食べるお守りを首都圏ナチュラルローソンで販売(出雲商工会議所)

出雲商工会議所(島根県、三吉 庸善会頭)は1011日に「食べるお守り」シリーズの『大豆と米粉のシリアルバー』・『米粉のクッキー』を発売した。同商品は首都圏のナチュラルローソンで販売される。同所は日経BP社をアドバイザーに迎え地域力活用新事業∞全国展開プロジェクトで調査から試作品開発などを進め共同展示商談会に試作品を出品。継続的な支援を受けバイヤーとの商談に結びついた。

同所は地域資源として薬草に着目。ポーラが実施している美肌県グランプリで島根県が1位になったことから「出雲〝薬草×美活〟プロジェクト」を立ち上げた。同所は小樽商工会議所の開発商品『小樽美人』シリーズの企画開発を女性メンバー中心に行ったことに着想を得て、栄養士や同所女性職員らで結成した「いずも薬草女子部」と出雲市などで料理教室を主宰する浅津知子氏が商品づくりに取り組んできた。

 同商品はハーブの中でも美活効果が高く『出雲国風土記』にも登場するアカメガシワを使用。地元食材を厳選し、添加物や小麦粉・牛乳・卵・白砂糖は不使用だ。出雲のパワーがお守りのように応援し、手軽に食べられるヘルシーなおやつをコンセプトにした。そして、健康・美容志向の高い働く女性をメインターゲットとするナチュラルローソンで販売することになった。

 今後は同所がブランドの管理体制を整え、協力企業である有限会社あさつが販売者となり多品種展開し認知度の向上を図っていく予定だ。

 

プレス発表した三吉会頭(左から3人目)ら

 

 

   出雲商工会議所http://www.izmcci.or.jp/

   地域振興情報http://www.jcci.or.jp/region/

   地域力活用新事業∞全国展開プロジェクト(feel NIPPON)http://feelnippon.jcci.or.jp/