トップページ > ニュースライン > 地域最前線 > 理化学研究所、群馬大学と「微細精密加工による医療応用デバイスの開発」に関する研究協力について覚書を締結(前橋商工会議所)

地域最前線

理化学研究所、群馬大学と「微細精密加工による医療応用デバイスの開発」に関する研究協力について覚書を締結(前橋商工会議所)

 前橋商工会議所(群馬県、曽我孝之会頭・中屋商事)は9月5日、理化学研究所・大森素形材工学研究室、群馬大学・重粒子線医学推進機構と「微細精密加工による医療応用デバイスの開発」に関する研究協力について覚書を締結した。理研は研磨技術、超微細加工において世界でもトップレベルの技術を有し、大手自動車メーカーや医療、航空宇宙分野においてその技術が発揮されている。その知識、技術を群馬大学の重粒子線治療機器、あるいは関連機器の高度化や課題解決を図るために地元企業と連携し、研究・開発を行っていく。

 

   前橋商工会議所http://www.maebashi-cci.or.jp/

   中小企業関連情報http://www.jcci.or.jp/sme/