トップページ > ニュースライン > 地域最前線 > 目白大学と包括連携協定を締結(さいたま商工会議所)

地域最前線

目白大学と包括連携協定を締結(さいたま商工会議所)

 さいたま商工会議所(埼玉県)は17日、目白大学と包括連携協定を締結した。協定は、さいたま市の産業振興ならびに産学連携よる地域の活性化、まちづくりの推進を目的として結んだもの。主な事業として、『さいたま商工会議所と目白大学との連携による看護支援を中心とした医療機器等の開発プロジェクト(SMAP事業:Saitama Mejiro Active Project)』に取り組む。同事業は目白大学の認定看護師教育課程の学生による医療機器等の開発コンテストにおける優秀作品ついては、同所会員企業による製品化を図り、病院などにおいて活用を推進し、社会に貢献するというものだ。

 詳細はhttp://www.saitamacci.or.jp/SCCI_asp/topix_pdf/2016.05.17.pdfを参照。

 

   さいたま商工会議所http://www.saitamacci.or.jp/

   中小企業関連情報http://www.jcci.or.jp/sme/