トップページ > ニュースライン > 日商ニュース > 「くるみん認定」新基準に関する解説資料を掲載

日商ニュース

「くるみん認定」新基準に関する解説資料を掲載

 日本商工会議所は、平成29年4月に改正された くるみん認定・プラチナくるみん認定の新基準に関する解説資料を作成した。

 

くるみん認定・プラチナくるみん認定とは、次世代育成支援対策推進法に基づき行動計画の策定・届出を行い、行動計画に定めた目標を達成するなどの一定の要件を満たした企業を、子育てサポート企業として認定する制度(平成29年6月30日時点での認定取得企業は、くるみん2726社、プラチナくるみん136社)。厚生労働省は、今般、より多方面から子育て支援企業を評価する基準とすべく、認定基準の改正を行った。

 

 くるみん認定の取得は子育て支援に積極的に取り組む企業であることを採用活動等でアピールできるとともに、認定の取得に向けた取り組みは「働き方」「職場環境」の見直しの手段としても効果が期待される。また、認定取得企業には公共調達における加点評価や税制面での優遇措置がある。

 

 本解説資料では、新基準の要件や中小企業に新基準を適用した場合の影響等を、ケーススタディを交えてわかりやすく解説している。

 資料本文はこちら⇒ くるみん認定プラチナくるみん認定の新基準について201708.pdf 

 

 若者・女性の活躍推進http://www.jcci.or.jp/sme/labor/youthandwoman/
 雇用・労働情報 http://www.jcci.or.jp/sme/labor/