トップページ > ニュースライン > 日商ニュース > 「時間外労働規制に関する意識調査結果」について

日商ニュース

「時間外労働規制に関する意識調査結果」について

 

日本商工会議所(三村明夫会頭)はこのほど、「時間外労働規制に関する意識調査結果」を取りまとめました。

 

 本調査は、全国の中小企業1,581社を対象に、時間外労働規制への対応等を把握するために、ヒアリング調査を行ったものです。(調査期間:平成2810月3日~11月4日、回数:1,581事業者)

 

調査結果では、時間外労働を可能とする、いわゆる36協定(労働基準法第36条で定める届出)を締結している企業の内、限度時間を超えて時間外労働を可とする特別条項については、約半数が「有り」と回答しています。また、36協定の見直しについては、約半数の企業で見直しに「賛成」と回答しており、その理由として「一定の上限規制は必要だが、業種業態・企業規模等を考慮し、一律に規制するのではなく、柔軟な制度設計とすべき」と回答した割合が最も多い結果となりました。

 

長時間労働是正に向けた効果的と思う見直し策については、「長時間労働を肯定するような労働者・経営者の意識改革」が最も多く、次いで「長時間労働を是正するというトップの強いコミットメント」と続きました。

 

 詳細につきましては、下記資料をご覧ください。

 

 

 

  時間外労働規制に関する意識調査結果

  http://www.jcci.or.jp/research/other/overtime%20workk.pdf