トップページ > ニュースライン > 日商ニュース > 第124回通常会員総会を開催

日商ニュース

第124回通常会員総会を開催

  日本商工会議所は15日、都内のホテルで第124回通常会員総会を開催した。

 全国の商工会議所の代表ら820人以上が出席し、日本商工会議所の最近の活動をまとめた動画を放映した後、平成27年度の事業報告案、収支決算案を審議、決定した。

 総会であいさつした三村会頭は、地方創生の実現に向け、域外需要の取り込みの鍵となる観光振興と農商工連携の重要性を強調した。

 続いて、「被災地報告」として、東北六県商工会議所連合会・鎌田会長(仙台・会頭)から、東日本大震災の被災地の現状等について、九州商工会議所連合会・礒山会長(福岡・会頭)から、熊本地震の被災地の現状等について説明があり、議長からは、被災地の復興に向けて、引き続きの支援が呼びかけられた。

 総会には、来賓として安倍内閣総理大臣、世耕経済産業大臣、二階自民党幹事長、岡田民進党代表、山口公明党代表、片山日本維新の会共同代表、が出席し、それぞれあいさつした。

 

 

日商の最近の活動(動画)

http://www.jcci.or.jp/movie/