トップページ > ニュースライン > 日商ニュース > 訪タイ・マレーシア経済ミッションを派遣

日商ニュース

訪タイ・マレーシア経済ミッションを派遣

日本商工会議所は1月31日~2月6日、三村明夫会頭を団長とする「訪タイ・マレーシア経済ミッション」を派遣した。ミッションには、総勢79人が参加。タイのプラユット・ジャンオーチャ―首相、マレーシアのナジブ・ラザク首相との会談や現地経済界との懇談会などを開催。両国との良好な経済関係の構築、進出日系企業のビジネス環境や投資環境の改善などについて意見交換を行った。

 三村会頭は、プラユット首相との懇談で、「タイは日本とともにグローバル・バリュー・チェーンの中核を担っていく」とタイの将来性に対する期待を表明した。また、ナジブ首相との懇談では、マレーシアとシンガポールを結ぶ高速鉄道計画について、安全性、信頼性、ライフサイクルコストなどに優れた日本の新幹線方式の採用を決めた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 握手するプラユット首相(右)と三村会頭

 

 

 

あいさつするナジブ首相(左)と三村会頭