トップページ > ニュースライン > 日商ニュース > 九州電力・川内原子力発電所1号機の再稼働について(三村会頭コメント)

日商ニュース

九州電力・川内原子力発電所1号機の再稼働について(三村会頭コメント)

 

九州電力・川内原子力発電所1号機の再稼働に対する三村会頭コメント

 

平成27年8月11日

日本商工会議所

 

 このたび、川内原子力発電所1号機の原子炉が再稼働したことは、地元自治体、商工会議所、関係機関の皆様のご尽力の賜物であると深く敬意を表するとともに、冷房等による電力需要の多い真夏の時期の需給安定化にも寄与することができ、大いに歓迎したい。

 九州電力は、引き続き、原子力規制委員会や立地自治体と緊密に連携を図り、安全の確保を最優先に、着実に通常の営業運転再開に向けたプロセスを進めてほしい。

 なお、東日本大震災以後の電力コスト上昇が中小企業の収益改善や地域経済の回復の大きな足枷となっていることから、電気料金については出来るだけ早期に震災前の水準に戻していただきたい。

 いずれにしても、世界で最も厳しい新規制基準に合格した原子力発電所の中で初めての再稼働であり、日本にとっては非常に結構なことだと思う。今後は、川内における審査手続きで蓄積されたノウハウを電力会社など関係者で共有することで、適合性審査を申請した他の原子力発電所の審査を迅速に進め、安全が確認された原子力発電の順次速やかな運転再開により、わが国全体で安価で安定的なエネルギー供給を何としても実現していただきたい。

以上