トップページ > ニュースライン > 日商ニュース > 7月から新保険スタート 海外の売掛債権を補償

日商ニュース

7月から新保険スタート 海外の売掛債権を補償

 日本商工会議所は、海外取引先の売掛債権を補償する「輸出取引信用保険制度」を新たに立ち上げる。

 本制度は、海外取引先の倒産や取引先国のテロ・内乱・天災などの理由により、売掛債権が回収できなかった場合、その損害の一定割合を保険金として補償。代金不払いの発生による貸倒れ損失への補償が保険金の支払いにより行われるため、資金繰りの安定化を図ることができる。

 また、本制度の引受損害保険会社と同社が提携している海外の大手信用保険会社のチェックにより、海外取引先の与信管理も可能となる。

 保険の始期は毎年7月1日。本制度の取り扱い損害保険会社は、損害保険ジャパン日本興亜、東京海上日動火災保険、三井住友海上保険の三社となっている。