トップページ > ニュースライン > 日商ニュース > 着地型観光推進に向け旅行商品開発ハンドブック作成

日商ニュース

着地型観光推進に向け旅行商品開発ハンドブック作成

 日本商工会議所はこのほど、「地域発旅行商品開発に向けたハンドブック」を発行した。

 消費者のニーズが多様化する中、観光地の生活や風習、住民との触れ合い、交流体験など、その地域ならではの感性を生かした旅行商品が人気を集めている。地域側が直接、地域の特色を生かした旅行商品を企画する「着地型観光」に向けた商工会議所の取り組みを、ハンドブックを通して推進させることが狙いだ。

 ハンドブックは、地域資源を活用した旅行商品の開発を進めるにあたり、関係者との体制づくりから、商品構造の考え方、販路開拓・商品販売に至るまでの一連の流れを解説。弘前(青森県)、伊勢(三重県)、小浜(福井県)、大阪、北九州(福岡県)、延岡(宮崎県)の6カ所の商工会議所の取り組み事例も紹介している。

 

    地域振興情報 http://www.jcci.or.jp/region/

    観光ナビ http://www.jcci.or.jp/region/tourism/