トップページ > ニュースライン > 日商ニュース > 「全国商工会議所観光振興大会2014 inべっぷ」を開催

日商ニュース

「全国商工会議所観光振興大会2014 inべっぷ」を開催

 日本商工会議所は10月21日から23日まで、別府商工会議所、大分県商工会議所連合会との共催で「全国商工会議所観光振興大会2014 inべっぷ」を別府市等で開催、全国から商工会議所会員や観光産業関係者ら1,500人が参加した。11回目を迎えた今大会は、「地域を磨く人の育て方~オンリーワンの地域づくりが豊かな観光地を育む~」をメインテーマに、本大会・交流会・分科会・エクスカーションを実施。大分県でしか体験できないニューツーリズムの取り組みを地域の人々との交流を通じながら体感した。

 21日の本大会では、日商・三村明夫会頭が今年6月に決議した全国商工会議所の行動指針「平成26-28年おける観光振興への取り組み強化アピール」に触れながら、「今年を商工会議所『観光振興元年』に、そして、今回の観光振興大会を、そのキックオフにしきたい」とあいさつ。「オンリーワンの地域づくり、豊かな観光地を育むうえでカギとなる人の育成について、大分県内の取り組みを踏まえながら、一緒に検討していきましょう」と呼び掛けた。その後、別府商工会議所の千壽健夫会頭と大分県商工会議所連合会の姫野淸高会長による歓迎あいさつ、大分県の広瀬勝貞知事による来賓メッセージが披露された。

 引き続き、日商・須田寬観光委員会共同委員長が、「『商工会議所観光ネットワーク(CCI観光NET)』の構築に向けて」と題した講演を行い、各地商工会議所における観光振興への取り組み状況を報告するとともに、514商工会議所の連携による観光振興の仕組みづくりとして、「CCI観光NET」の推進を提唱した。さらに、「平成26年度全国商工会議所きらり輝き観光振興大賞」の表彰式が行われ、大賞を受賞した北九州商工会議所が、産業観光に関する同所の取り組み等について説明した。

 その後、由布院・玉の湯旅館の溝口薫平会長から、観光地づくりの先駆的な地域として知られている由布院の取り組みについて基調講演が行われた。溝口氏は、「様々な仲間、そして人のつながりがまちづくりには必要。絶え間なく活用を持続させることが重要である」と話した。続いて、「自然」「まち」「文化」「人材育成」を切り口にしたパネルディスカッションが行われ、大分県内の観光振興に取り組むキーパーソンから、それぞれの先進的な取り組みについて紹介された。本大会閉会時には、オンリーワンの観光まちづくりの実現に向けて、鍵となる人材の育成・発掘と、多様な人々の協働による取り組みの促進を目指した「べっぷアピール」を採択した。 

 22日からは、分科会と10コースから成るエクスカーションを実施。大分県内で活躍する地域づくりのキーパーソンからそれぞれの事業活動について話を聞いたほか、観光まちづくりの現場を視察した。 

 次回は、平成27年11月12~14日に、「歴史・文化資源の『再発見』と『学び』による観光振興~家康公と世界文化遺産『富士山』に学ぶ~」をテーマに、静岡市等で開催する。

 

DSC_0338.JPG 141023_02_夢町小学校.JPG IMG_8211(加工後).jpg

 

 あいさつする三村会頭   昭和のまちの体験施設を訪問  竹田市の武家屋敷を見学

 

    全国商工会議所観光振興大会2014inべっぷ http://beppu-cci.or.jp/kankou2014/

    別府商工会議所 http://beppu-cci.or.jp/ 

    観光ナビ http://www.jcci.or.jp/region/tourism/