トップページ > ニュースライン > 日商ニュース > 「全国商工会議所観光振興大会2013inいわて」を開催

日商ニュース

「全国商工会議所観光振興大会2013inいわて」を開催

 日本商工会議所、盛岡商工会議所、岩手県商工会議所連合会は7月4~6日、盛岡市等で「全国商工会議所観光振興大会2013inいわて」を開催した。同大会は、まちづくり運動の一環として観光振興を促進することを目的に平成16年度から実施しているもので、今回で10回目。「復興を推進する交流観光~復興の現状と観光が果たす役割」をテーマに、全国から商工会議所会員や観光産業関係者ら1116人が参加した。

 

  4、5日には、東日本大震災の被害の大きかった沿岸部の大船渡、釜石、宮古、久慈、気仙沼を巡る5コースから成る分科会を実施し、地元の人達との交流を深めるとともに、被災地の状況を見聞した。

 本大会(5日)では、日商の立石義雄副会頭が、「震災からの復興を最優先で進めなければならないのはもちろんのこと、時間の経過により大災害への記憶が風化し、被災地への関心が薄れることがあってはならない」とあいさつ。被災地の実態を伝え、風評被害対策に努めるとともに、各地における観光振興への取り組みを広く周知するなど、観光による復興と成長の推進を表明した。その後、盛岡商工会議所の元持勝利会頭が歓迎あいさつ、達増拓也・岩手県知事の来賓メッセージに続き、須田寬・日商観光委員会共同委員長が各地商工会議所における観光振興への取り組みと課題について報告した。引き続き、「平成25年度全国商工会議所きらり輝き観光振興大賞」の表彰式、大賞を受賞した青森商工会議所のプレゼンテーションの後、西村幸夫・東京大学 先端科学技術研究センター所長をコーディネーターに迎え、髙松正人・㈱JTB総合研究所 常務取締役 観光危機管理研究室長、岩﨑昭子・宝来館(釜石市鵜住居)女将、須田共同委員長をパネリストに、震災復興において観光が果たす役割や大災害が発生した時の観光客の安全確保をテーマとするパネルディスカッションを行った。最後に、復興への足がかりとして、改めて観光に対する意識改革と普及啓発を図り、まちづくりと一体となった観光振興に取り組むことなどを盛り込んだ「いわてアピール」を採択した。

 引き続き、全体交流会を開き、わんこそば大会や盛岡さんさ踊りなどを体験するとともに、参加者間で情報交換した。

  翌日(6日)は、盛岡まち歩き、盛岡近郊、岩手内陸、秋田、宮城の5コースでエクスカーションを実施した。

 

 次回は、平成26年10月21~23日、「地域を磨くと多様な顔が見えてくる~観光『個』の時代へのチャレンジ」をテーマに、別府市等で開催する。

  

   全国商工会議所観光振興大会inいわてhttp://www.ccimorioka.or.jp/kankoushinkou/

   盛岡商工会議所http://www.ccimorioka.or.jp/

   観光ナビhttp://www.jcci.or.jp/region/tourism/