トップページ > ニュースライン > 日商ニュース > 「我が国のTPP交渉参加に関する意見・要望等」の募集について(7月5日締切)

日商ニュース

「我が国のTPP交渉参加に関する意見・要望等」の募集について(7月5日締切)

平成25年6月19日

日本商工会議所

商工会議所会員企業各位

 

「我が国のTPP交渉参加に関する意見・要望等」の募集について

 

 TPP政府対策本部(本部長:甘利経済再生担当大臣)では、7月下旬に見込まれている我が国のTPP交渉参加にあたり、今後のTPP交渉における参考とするため、産業界および個別企業等から、TPP交渉参加国との貿易・投資上の課題や現況に関する意見・要望・情報等を募集しています。

 つきましては、貴社におけるTPP交渉参加国との貿易・投資上の課題や現況等について、下記要領にて日本商工会議所宛にお寄せ頂きたく存じます。頂いたご意見・ご要望等は、日本商工会議所でとりまとめの上、TPP政府対策本部に提出いたします。

 何卒本趣旨ご理解いただき、是非ご協力いただきますようご案内申し上げます。

 

 

1.ご提供頂きたい具体的なご意見・ご要望・情報等の内容

①    TPP交渉参加各国における関税や貿易・投資に係る国内規制、手続等に関する課題

②    TPP協定の交渉対象21分野の全般、あるいは個別分野に係る意見・要望

 

<交渉参加国>

豪州、ブルネイ、カナダ、チリ、マレーシア、メキシコ、ニュージーランド、ペルー、シンガポール、米国、ベトナム

 

<交渉対象分野>

物品市場アクセス(関税、物品貿易に関するルール)、原産地規則貿易円滑化(税関手続)、衛生植物検疫(食品の安全基準等)、貿易の技術的障害(製品規格に関するルール)、貿易救済(セーフガード規定)、政府調達(入札手続き等のルール)、知的財産競争政策(カルテル等の防止)、越境サービス貿易商用関係者の移動(出入国・滞在のルール)、金融サービス電気通信サービス電子商取引投資環境(貿易・投資のための環境基準の緩和防止)、労働(貿易・投資のための労働基準の緩和防止)、制度的事項(協定運用を協議する「合同委員会」設置等)、紛争解決協力(国内体制が不十分な国への支援)、分野横断的事項(複数分野にまたがる規定)

 

※各交渉対象分野の詳細な内容は、下記をご参照ください

  http://www.cas.go.jp/jp/tpp/pdf/2013/6/130617_tpp_setsumeikai_shiryou.pdf

 

2.提出方法

①    下記意見提出様式(excel)をダウンロードいただき、所属商工会議所名、ご意見・ご要望等を記載のうえ、日本商工会議所アドレス宛に電子メールにてご送付ください。

記載例については、意見提出様式の別シート(記載例)をご参照ください。

● 意見提出様式:  ikenTPP.xls

● 提出先アドレスtpp@jcci.or.jp

 

②    提出期限:整理の都合上、7月5日(金)17時必着とさせていただきます。

 

3.提出上の留意点

①    提出いただくご意見・ご要望等は日本語に限ります。

②    ご意見の内容に係る交渉対象分野を必ず明記してください。複数分野にまたがる場合は、関連する分野名を全て記載してください。交渉分野全般に係る場合は「交渉分野全般」とご記入ください。

③    提出されたご意見は、原則として政府対策本部が公開致します(別紙1に記入)。但し、営業秘密等を含む内容など非公開をご希望される場合は別紙2にご記入ください。

④    提出様式には個人情報が含まれますので、お手数ですがファイルにパスワードを設定のうえ、パスワードと提出意見を分けて送信(提出)いただくようお願いいたします。

⑤    提出いただいた個人情報は、お問合わせ内容の確認等の連絡に利用させていただきます。

⑥    TPP協定交渉に関する情報は、TPP政府対策本部HP(www.cas.go.jp/jp/tpp/)をご参照ください。        

 

 

【本件担当】日本商工会議所 国際部

                    TEL.03-3283-7602/7858 FAX.03-3216-6497 E-mail:tpp@jcci.or.jp