トップページ > ニュースライン > 日商ニュース > 再生可能エネルギー固定価格買取制度 日商から意見提出(会議所ニュース4/11号)

日商ニュース

再生可能エネルギー固定価格買取制度 日商から意見提出(会議所ニュース4/11号)

(会議所ニュース 平成25年4月11日号)

 

 

再生可能エネルギー固定価格買取制度

日商から意見提出

 

 日本商工会議所は、3月22日「再生可能エネルギー固定価格買取制度における平成25年度新規参入者向け調達価格等の改正」に対する意見書を資源エネルギー庁に提出した。

 同庁は、「平成25年度新規参入者向け調達価格」を、3月12日に公表し、意見を募っていた。

 日商が出した意見書では、「再生可能エネルギーの導入は推進していくべきで再生可能エネルギーの固定価格買取制度は取り得る一つの方法」であると理解を示しつつも、「広い国民負担を伴うもの」であると指摘。その上で、過度の国民負担が生じることのないよう、「調達価格を決めるに当たっては、国民負担の妥当性、制度の効果などについて、充分に情報が開示され、慎重な検討が行われるべき」と強く求めた。

 

kokuminfutan_FIT.JPG

※意見書全文は、ホームページ(http://eco.jcci.or.jp/news/8365.html)を参照

(了)

【関連記事】
●電気料金値上げに意見

http://www.jcci.or.jp/news/jcci-news/2013/0313111751.html

●四国電力が電気料金値上げを発表

http://www.jcci.or.jp/news/jcci-news/2013/0304111742.html

●電気料金値上げ 中小企業に大打撃 各地から上昇抑制を要望
http://eco.jcci.or.jp/news/7151.html
●安全性を確保した原発の再稼働を
http://eco.jcci.or.jp/news/7158.html

 

日商環境ナビhttp://eco.jcci.or.jp/