トップページ > ニュースライン > 日商ニュース > ジョブ・カードを活用した「若者チャレンジ訓練」について

日商ニュース

ジョブ・カードを活用した「若者チャレンジ訓練」について

 「若者チャレンジ訓練」とは、35歳未満の非正規雇用の方を自社の正社員として雇用することを前提として、自社内でのOJTとOff-JTを効果的に組み合わせた3カ月以上2年以内の職業訓練のことです。

 

 この若者チャレンジ訓練を終了した企業に対しては、訓練生1人・1カ月当たり15万円、訓練生を正社員として雇用した場合は、1人当たり100万円(1年経過時に50万円、2年経過時に50万円)の奨励金が支給されます。

 

 35歳以上の非正規雇用の方を対象とした職業訓練としては、有期実習型訓練(3カ月超6カ月以内)と実践型人材養成システム(6カ月以上2年以内)があります。

 

 全国105カ所の商工会議所では、「人材育成・確保支援の拠点」としての地域ジョブ・カード(サポート)センターを設置し、上記の職業訓練に取り組む中小企業を支援しています。これらの詳細については、地域ジョブ・カード(サポート)センターを設置している最寄りの商工会議所にお問い合わせください。

 

■若者チャレンジ訓練

 

1.若者チャレンジ訓練の対象者

 35歳未満の若者であって、下記の(1)、(2)のいずれにも該当する方

(1)過去5年以内に若者チャレンジ訓練を実施する分野で正社員として概ね3年以上継続して雇用されたことがない方などで

  あって、ハローワークなどに配置されている登録キャリア・コンサルタントにより、若者チャレンジ訓練を受講することが

  適当と判断され、ジョブ・カードを交付された方

(2)若者チャレンジ訓練を実施する事業主と期間の定めのある労働契約を締結する方、など

 

2.若者チャレンジ訓練の主な要件

 

(1)訓練期間

・3カ月以上2年以内

(2)訓練内容

・自社内でのOJTとOff-JTを効果的に組み合わせた職業訓練であって、OJTの全体の訓

 練時間に占める割合が1割以上9割以下。

(3)訓練時間

・1カ月当たり130時間以上。

(4)訓練期間中の労働条件

・訓練生の若者チャレンジ訓練の期間中の主要な労働条件(就業時間、休日、賃金形

 態)が訓練生を正社員として雇用する場合と同じ。

(5)カリキュラム

・OJTとOff-JTのそれぞれについて、訓練科目名と実施内容、実施時間などが明示され

 た訓練カリキュラムを作成する。

(6)ジョブ・カード

・ジョブ・カード様式4(評価シート)を作成し、それによって訓練生の職業能力を評

 価する。

 

 

■若者チャレンジ奨励金(訓練奨励金と正社員雇用奨励金)

 

 

(1)訓練奨励金

・若者チャレンジ訓練の終了後、訓練生1人・1カ月当たり15万円

(2)正社員雇用奨励金

・若者チャレンジ訓練の終了後、訓練生を正社員として雇用した場合は、1人当た

 り100万円(1年経過時に50万円、2年経過時に50万円)

【注】この奨励金は、平成26年3月31日までの時限措置です。ただし、支給額が予算額に達する見込みになった時点で、支給申請の受付が中止される場合がありますので、予めご了承ください。

 

■厚生労働省のホームページに掲載されている「若者チャレンジ訓練」のPR用のリーフレット(A4判・8枚)

 http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/shokugyounouryoku/career_formation/challenge/dl/130313-01a.pdf