トップページ > ニュースライン > 日商ニュース > 特集は、「負けるな商店街~まちづくりの新たな挑戦~」。まちの解体新書では、緑豊かな北海道名寄市に注目!(石垣11月号)

日商ニュース

特集は、「負けるな商店街~まちづくりの新たな挑戦~」。まちの解体新書では、緑豊かな北海道名寄市に注目!(石垣11月号)

 本日発刊した月刊「石垣」11月号の特集は、「負けるな商店街~まちづくりの新たな挑戦~」。独自のアイデアで快進撃を見せている5つの商店街。そこには、どんな工夫があるのか?これから再生に取り組む全国の商店街にとって参考になる手法を紹介している。また、話題の人気コーナー・まちの解体新書では、緑豊かな自然の恵みを受けて育つ農産物や美しい星空など、さまざまな魅力を持つ北海道名寄市に迫る。さらに「こうしてヒット商品は生まれた!」には、動物型の輪ゴムで海外からも人気の「アニマルラバーバンド」が登場する。

 

 「石垣」は、昭和55年創刊。主な購読者層は全国の商工会議所役員・議員で、誌面では企業経営や地域活性化の参考となるような取り組み事例、各地で活躍している中小企業などを多数紹介している。現在、約4万5000人の経営者向けのビジネス情報誌として、地域社会のリーダーに必要な情報を網羅し問題解決のヒントなどを提供している。
 毎月10日発行。販売価格は1冊500円、年間購読料は、5,350円(ともに送料、税込)となっている。取り扱い書店は、東京の「八重洲ブックセンター・本店」「丸善・丸の内本店」「東京商工会議所ビル1階売店」で、もちろん、インターネットからの申し込みも可能。
 詳細は、http://www.jcci.or.jp/nissyo/publication/ishigaki/ishigaki.htmlを参照。
 インターネットでの購読申し込みは、http://www.fujisan.co.jp/Product/1281680402/を参照。

 

<11月号の主な内容>
【特集】負けるな商店街 ~まちづくりの新たな挑戦~
【まちの解体新書】北海道名寄市
【あの人を訪ねたい】 長谷川 健太(サッカー解説者)
【こうしてヒット商品は生まれた!】 「アニマルラバーバンド」アッシュコンセプト
【暖簾を受け継ぐ】 津田孫兵衛(福井県小浜市)
【伝統と今が出会う】「変わり市松 マウスパッド」寄木ギャラリーツユキ・露木木工所
【社訓のススメ】 須坂商工会議所会頭・牧 勇男「人に愛され人に信頼され、社員一同夢を持つ」
【商工会議所活用レシピ】花工房/坂出商工会議所(香川県)