トップページ > ニュースライン > 日商ニュース > 特集は、「イタリアと日本の意外な共通点からヒントを見つける」。まちの解体新書では、山と海と人が生きるまち・三重県尾鷲市に注目!(石垣10月号)

日商ニュース

特集は、「イタリアと日本の意外な共通点からヒントを見つける」。まちの解体新書では、山と海と人が生きるまち・三重県尾鷲市に注目!(石垣10月号)

 本日発刊した月刊「石垣」10月号の特集は、「意外な共通点からヒントを見つける~イタリアと日本の比較~」。モノづくりや観光、食など、さまざまな分野での両国の差異を比較しながら、これからの日本の付加価値づくりに役立つヒントを探っている。さらに「あの人を訪ねたい」には、パンツェッタ・ジローラモさんが登場。また、話題の人気コーナー・まちの解体新書では、三重県尾鷲市にスポットライトを当て、過疎を逆手に取り地域づくりに励む人々の姿に迫っている。

 

 「石垣」は、昭和55年創刊。主な購読者層は全国の商工会議所役員・議員で、誌面では企業経営や地域活性化の参考となるような取り組み事例、各地で活躍している中小企業などを多数紹介している。現在、約4万5000人の経営者向けのビジネス情報誌として、地域社会のリーダーに必要な情報を網羅し問題解決のヒントなどを提供している。
 毎月10日発行。販売価格は1冊500円、年間購読料は、5,350円(ともに送料、税込)となっている。取り扱い書店は、東京の「八重洲ブックセンター・本店」「丸善・丸の内本店」「東京商工会議所ビル1階売店」で、もちろん、インターネットからの申し込みも可能。
 詳細は、http://www.jcci.or.jp/nissyo/publication/ishigaki/ishigaki.htmlを参照。
 インターネットでの購読申し込みは、http://www.fujisan.co.jp/Product/1281680402/を参照。

 

<10月号の主な内容>
【特集】意外な共通点からヒントを見つける~イタリアと日本の比較~
【社訓のススメ】大曲商工会議所会頭・佐々木 繁治「地域に根差した経営を目指す」
【まちの解体新書】三重県尾鷲市
【伝統と今が出会う】「NUTS」(ナッツ)テオリ
【あの人を訪ねたい】パンツェッタ・ジローラモ(タレント・エッセイスト)
【こうしてヒット商品は生まれた!】「エコヒメ」ラナ
【勝敗を分けた決断】吉川 光夫(北海道日本ハムファイターズ投手)
【暖簾を受け継ぐ】藤三郎紐(滋賀県大津市)