トップページ > ニュースライン > 日商ニュース > 特集は「今年は時間をうまく使おう!」。あの人を訪ねたいでは、裏千家家元・千宗室さんが茶道の魅力を語る(石垣1月号)

日商ニュース

特集は「今年は時間をうまく使おう!」。あの人を訪ねたいでは、裏千家家元・千宗室さんが茶道の魅力を語る(石垣1月号)

 日本商工会議所は10日、月刊「石垣」1月号を発刊した。

 今号の特集では「今年は時間をうまく使おう!」と題して、ちょっとした工夫で限られた時間を思いのままに制し、実際に功績を挙げている4つの企業を紹介。さらに、時間管理術研究所の水口さんが、これまで困難とされてきた経営者や管理職の有効な時間の使い方を分かりやすく解説している。また、人気コーナー「社訓のススメ」には北見商工会議所の永田正記会頭が登場しているほか、「まちの解体新書」では至る所にキラリと輝く「おたから」が点在するまち・山口県萩市にズームイン。噂の一品にスポットライトを当てる「こうしてヒット商品は生まれた」では、本格的な手づくり豆腐が自宅で簡単に楽しめる「萬来鍋」に注目するなど、見どころいっぱいの充実した内容となっている。

 

 「石垣」は、昭和55年創刊。主な購読者層は全国の商工会議所役員・議員で、誌面では企業経営や地域活動の参考となるような取り組み事例、各地で活躍している中小企業などを多数紹介している。現在、約4万5千人の経営者向けのビジネス情報誌として、地域社会のリーダーに必要な情報を網羅し問題解決のヒントなどを提供している。

 毎月10日発行。販売価格は1冊500円、年間購読料は、5,350円(ともに送料、税込)となっている。取り扱い書店は、東京の「八重洲ブックセンター・本店」「丸善・丸の内本店」「東京商工会議所ビル1階売店」で、もちろん、インターネットからの申し込みも可能。
 詳細は、http://www.jcci.or.jp/nissyo/publication/ishigaki/ishigaki.htmlを参照。
 インターネットでの購読申し込みは、http://www.fujisan.co.jp/Product/1281680402/を参照。

 

<1月号の主な内容>
【特集】今年は時間をうまく使おう!
 何をやるにしても、時を制することで効率的に勝利を導くことができる。それが分かっていても、実際はなかなかうまくいかないものだ。今年一年は、時間の使い方を工夫することで会社の活力をアップさせてみよう。
【社訓のススメ】愛され、喜ばれる企業を目指す(北見商工会議所会頭・永田 正記)
【まちの解体新書】山口県萩市「維新の志にあふれる観光都市」
【あの人を訪ねたい】千宗室(裏千家家元)
【暖簾を受け継ぐ】あかしや
【こうしてヒット商品は生まれた!】「萬来鍋」