トップページ > ニュースライン > 日商ニュース > ジョブ・カード普及サポーター企業を募集中(ジョブ・カード事業)

日商ニュース

ジョブ・カード普及サポーター企業を募集中(ジョブ・カード事業)

日本商工会議所と地域ジョブ・カード(サポート)センターを設置している全国各地の117カ所の商工会議所では、ジョブ・カードを採用ツールとして活用する「ジョブ・カード普及サポーター企業」を募集している。

ジョブ・カード普及サポーター企業として登録(無料)した企業のうち、ジョブ・カードを活用した職業訓練を実施する企業は、訓練生の適性や能力などを判断したうえで正社員として継続雇用できるため、採用時のミスマッチを軽減できる。加えて、一定の要件を満たす場合は、国からの助成金や奨励金が受けられるなどのメリットがある。

既に職業訓練を終了した約8,100社の企業では、訓練終了者の7割を超える(73%)約11,000人を正社員として採用している(1215日現在)。このような企業からは、「自社のニーズに合った人材を育成・確保できた」「社員教育の仕組みを構築できたのは大きな収穫」「ミスマッチのない採用ができた」などの声が寄せられている。

「人材の育成・確保支援の拠点」としての地域ジョブ・カード(サポート)センターを設置している商工会議所では、ジョブ・カードを活用した職業訓練の実施を希望する企業に対し、計画の作成や助成金の申請手続きなどの面でサポートしている。企業に対する説明会や個別相談会なども実施しているので、詳細については最寄りの商工会議所まで。

なお、ジョブ・カード普及サポーター企業として登録した企業のうち、公表を希望する場合は、企業名などが厚生労働省のホームページに掲載される。

 

【ジョブ・カードとは】

求職者の職業能力を証明するA4判・4種類のシート(①履歴シート、②職務経歴シート、③キャリアシート、④評価シート)。履歴書などにはない求職者に関する詳細な情報が記載されているので、短時間の採要面接では分からない求職者の職業能力やレベルなどを客観的に評価できる。この様式は、厚生労働省のホームページからダウンロードできる。

 

【ジョブ・カード制度とは】

ジョブ・カードを活用した職業訓練を通じ、有能な人材を育成したい企業と正社員経験が少ない求職者などとのマッチングを促進する国の制度。

 

日本商工会議所ジョブ・カード制度http://www.jc-center.jp/

商工会議所のヒミツhttp://www.jcci.or.jp/secret/

 ジョブ・カード制度の巻http://www.jcci.or.jp/secret/job.html

  厚生労働省ジョブ・カード制度http://www.mhlw.go.jp/bunya/nouryoku/job_card01/index.html