トップページ > ニュースライン > 日商ニュース > 在京ASEAN各国大使との懇談会を開催(ASEAN・日本経済協議会日本委員会)

日商ニュース

在京ASEAN各国大使との懇談会を開催(ASEAN・日本経済協議会日本委員会)

   110627ASEAN.jpg  日本商工会議所に事務局を置くASEAN・日本経済協議会日本委員会〔会長=岡村正・日本商工会議所会頭(㈱東芝相談役)〕は6月27日、在京ASEAN各国大使との懇談会を開催、日本から63人、ASEANから在京ASEAN各国大使8人をはじめ20人の計83人が出席した。

 懇談会では、辻亨会長代理〔日本商工会議所特別顧問(丸紅㈱相談役)〕、タイのウィーラサック・フートラクーン大使の挨拶に続き、ASEAN側を代表して、タイ大使館から、ASEANの連結性について説明があった。その後、出席した各国代表の大使ら全員が、各国の政治・経済情勢や日本企業の投資機会等について説明した。

続いて、日本側を代表して林日本貿易振興機構理事長が、東日本大震災による日本経済への影響と今後の見通しについて説明を行い、福井副会長〔日本商工会議所特別顧問(本田技研工業㈱相談役)や宮村委員〔日本商工会議所特別顧問(三井金属鉱業㈱会長) 〕らが、各産業分野における震災の影響と今後の見通しについて報告した。