トップページ > ニュースライン > 日商ニュース > 特集は「自社ブランドで活路を開け」・ヒット商品「ジガゾーパズル」とは?(石垣3月号)

日商ニュース

特集は「自社ブランドで活路を開け」・ヒット商品「ジガゾーパズル」とは?(石垣3月号)

 日本商工会議所は10日、月刊「石垣」3月号を発刊した。
 今号の特集では、「自社ブランドで活路を開け」と題して、オンリーワンの逸品で明日への活路を見いだした中小企業を紹介。さらに、人気コーナー「社訓のススメ」には、三島商工会議所の諏訪部敏之会頭が登場しているほか、「まちの解体新書」では、『えんぱく』をキーワードに新たな挑戦を始めた宮崎県延岡市の魅力に迫。また、「こうしてヒット商品は生まれた!」では、発売から1年余りで20万個を売り上げた、テンヨーの「ジガゾーパズル」にスポットライトを当てるなど、盛りだくさんの内容となっている。

 「石垣」は、昭和55年創刊。主な購読者層は全国の商工会議所役員・議員で、誌面では企業経営や地域活動の参考となるような取り組み事例、各地で活躍している中小企業などを多数紹介している。現在、約4万5000人の経営者向けのビジネス情報誌として、地域社会のリーダーに必要な情報を網羅し、問題解決のヒントなどを提供している。

 毎月10日発行。販売価格は1冊500円、年間購読料は、5,350円(ともに送料、税込)となっている。取り扱い書店は、東京の「八重洲ブックセンター・本店」「丸善・丸の内本店」「東京商工会議所ビル1階売店」で、もちろん、インターネットからの申し込みも可能。
 詳細は、http://www.jcci.or.jp/nissyo/publication/ishigaki/ishigaki.htmlを参照。
 インターネットでの購読申し込みは、http://www.fujisan.co.jp/Product/1281680402/を参照。
 

<3月号の主な内容>
【特集】 「自社ブランドで活路を開け」
 中小企業でもブランド品をつくることはできる。独自性があり、この会社でなければつくれない商品やサービスがあれば、会社のブランド力を高めることが可能だ。今号では、コア技術を生かして自社のオリジナリティーを対外的に発信することで生き残り、さらなる発展に挑む5つのケースを取り上げた。
【社訓のススメ】 創業者精神を経営の基盤に(三島商工会議所会頭・諏訪部 敏之)
【まちの解体新書】 宮崎県延岡市~「まちの魅力を掘り起こせ」
【あの人を訪ねたい】 中村 俊郎(中村ブレイス 代表取締役社長)
【暖簾を受け継ぐ】 玉川堂
【こうしてヒット商品は生まれた!】 「ジガゾーパズル」