トップページ > ニュースライン > 日商ニュース > APEC中小企業サミットを開催(11月11日、於:横浜)

日商ニュース

APEC中小企業サミットを開催(11月11日、於:横浜)

 日本商工会議所は、11月11日、横浜市でAPEC中小企業サミットを開催した。APEC域内外の25カ国・地域から、約600人が参加し、「大樹も小さな種から」をテーマに、中小企業が成長するうえで重要なカギとなる、「資金調達」「技術」「グローバル市場」などについて議論した。

apec-sme1.jpg APEC中小企業サミットは、政府関係者と中小企業関係者の意見交換と協力の場として、重要な役割を果たしており、今回は、ロック商務長官(米国)、フェラーリ経済大臣(メキシコ)、ハサン協同組合・中小企業担当国務大臣(インドネシア)、ヴァン・ローン国際貿易大臣(カナダ)、大畠経済産業大臣(日本)、グラナドス商工観光(コロンビア)、エマーソン貿易大臣(豪州)の7人の閣僚が参加。各国経済閣僚の中小企業に対する関心の高さが示された。

 「資金調達」「技術」「グローバル市場」をテーマとした3つのセッションでは、各国の企業経営者から、中小企業が力強く成長できる事業環境を整備するための政策や経営者側の創意工夫について、さまざまな意見が出された。

apec-sme2.jpg なお、閉会セッションでは、中小企業が雇用や地域発展、女性の社会進出などに果たす役割の大きさや、中小企業のネットワーク構築の重要性など、本サミットにおける議事をふまえて形成された参加者間の共通認識を「総括」としてとりまとめ、発表した。


◆APEC中小企業サミット2010プログラム
http://www.apec-smesummit2010.com/ja/program/index.html