トップページ > ニュースライン > 日商ニュース > 特集は「もう一歩踏み込んで需要をつくる」・映画「武士の家計簿」に込められた森田監督の思いとは (石垣11月号)

日商ニュース

特集は「もう一歩踏み込んで需要をつくる」・映画「武士の家計簿」に込められた森田監督の思いとは (石垣11月号)

  日本商工会議所は10日、機関誌である月刊「石垣」11月号を発刊した。
 今号の特集では、「もう一歩踏み込んで需要をつくる」と題して、もともとの事業にひと工夫を施したり、意外な盲点に着目したりして、新たな需要を生み出すことに成功した5つの事例を紹介。さらに、人気コーナー「社訓のススメ」には、長野商工会議所の加藤久雄会頭が登場しているほか、「まちの解体新書」では、テレビドラマ「北の国から」のロケ地として脚光を浴び、一大観光名所となった北海道富良野市に注目! また、「日商情報」では、同所の推薦による秋の叙勲・褒章受賞者18人の功績をたたえるなど、盛りだくさんの内容となっている。

 「石垣」は、昭和55年創刊。主な購読者層は全国の商工会議所役員・議員で、誌面では企業経営や地域活動の参考となるような取り組み事例、各地で活躍している中小企業などを多数紹介している。現在、約4万5千人の経営者向けのビジネス情報誌として、地域社会のリーダーに必要な情報を網羅し問題解決のヒントなどを提供している。

 毎月10日発行。販売価格は1冊500円、年間購読料は、5,350円(ともに送料、税込)となっている。取り扱い書店は、東京の「八重洲ブックセンター・本店」「丸善・丸の内本店」「東京商工会議所ビル1階売店」で、もちろん、インターネットからの申し込みも可能。
 詳細は、http://www.jcci.or.jp/nissyo/publication/ishigaki/ishigaki.htmlを参照。
 インターネットでの購読申し込みは、http://www.fujisan.co.jp/Product/1281680402/を参照。

 

<11月号の主な内容>
【特集】 もう一歩踏み込んで需要をつくる
 現在、「仕事がない」という声がちまたにあふれている。旧来の仕事に頼っているままでは生き残れないのは、どの企業にも共通した悩みだ。では、どうしたら新しい需要を創造できるのか? 今号ではこのテーマに挑戦した会社を取り上げた。
【社訓のススメ】 正々堂々と王道を歩む (長野商工会議所会頭・加藤 久雄)
【まちの解体新書】 北海道富良野市 「まちの強みは団結力」                                                                                                 
【あの人を訪ねたい】 森田 芳光 (映画監督)
【暖簾を受け継ぐ】 丸栄陶業
【こうしてヒット商品は生まれた!】 「シャボン玉浴用」