トップページ > ニュースライン > 日商ニュース > 「万引きをさせない社会づくり」共同宣言を警察庁らとともに採択

日商ニュース

「万引きをさせない社会づくり」共同宣言を警察庁らとともに採択

 日本商工会議所は1014日、警察庁ら関係省庁と当所ほか業界団体、関係団体30団体とともに万引き防止官民合同会議を開催した。同会議は、万引き防止対策を官民総ぐるみの対策として推進することにより、「たかが万引き」といった風潮を一掃し万引きを許さない社会機運を醸成するとともに、広く規範意識の向上を図り、犯罪が起きにくい社会づくりの実現に向けた取り組みの全国的な展開を図るために設置したもの。

 警察庁から、届け出に伴う時間的負担を軽減するため捜査書類の簡素化を一部実行するなど被害を届け出しやすい環境整備に努めている状況が説明され、全国商店街振興組合連合会の桑島理事長らより、各団体の万引き防止の取り組みについて事例を報告した。

最後に、(1)万引きを許さない社会機運の醸成に努める、(2)万引きをさせない環境整備を推進する、(3)万引きを認知した場合の届出の徹底を推進する、旨明記した「万引きをさせない社会づくり」共同宣言を採択した。

 

万引きをさせない社会づくり」共同宣言http://www4.cin.or.jp/download/ryutsu/kyoudousengen.pdf

まちナビhttp://www.jcci.or.jp/machi/