トップページ > ニュースライン > 日商ニュース > 「地域活性化シンポジウム~スイスに学ぶインバウンド3000万人時代~」を開催(日本商工会議所、法政大学地域研究センター)

日商ニュース

「地域活性化シンポジウム~スイスに学ぶインバウンド3000万人時代~」を開催(日本商工会議所、法政大学地域研究センター)

 日本商工会議所は2月25日、法政大学地域研究センターと共催で、「地域活性化シンポジウム~スイスに学ぶインバウンド3000万人時代~」を開催した。今回で5回目となるシンポジウムには、全国から商工会議所関係者のほか、自治体や企業、大学・研究機関、学生、マスコミ関係者など約50人が参加。ザンクト・ガレン大学(スイス)ツーリズム研究所所長ピエトロ・ベリテッリ氏の基調講演や、政府が本年までに1000万人、2020年には3000万人の訪日外国人客数を目標に政策を進める中、世界に日本をどう売り出すかなどをテーマに活発なパネルディスカッションが行われた。

 

20100225法政 025111.JPGのサムネール画像 まちナビhttp://www.jcci.or.jp/region/town/ 
 観光ナビhttp://www.jcci.or.jp/region/tourism/