トップページ > ニュースライン > 日商ニュース > 月刊『石垣』12月号が好評発売中

日商ニュース

月刊『石垣』12月号が好評発売中

 月刊『石垣』は、中小企業経営者らの経営判断に資するような、上質でしかも俯瞰的に選別された情報を提供する「日本商工会議所のビジネス情報誌」です。企業経営や地域活動の参考となるような取り組み事例や、各地で活躍している中小企業などを紹介しています。この機会にぜひご購読をご検討いただければ幸いです。

 

<12月号の内容>
【特集】 会社が変わる 整理・整とん術
 職場における「5S」の重要性が叫ばれて久しい。「5S」とは「整理、整とん、清掃、清潔、しつけ」のこと。どれも当たり前のことだが、その当たり前がなかなか実践できていないのが多くの中小企業の実態ではないだろうか。掃除や片付けというととかく面倒と思いがちだが、実はいいことずくめ。社員の作業効率アップ、仕事へのモチベーションアップ、取引先や客へのイメージアップなど。職場全体が活性化され、それが収益アップにも反映されるのだ。きれいに片付いた環境には必ず『福』が舞い込む。年末の大掃除を機に、日ごろから整理・整とんを心掛けてみてはいかがだろうか。
【社訓のススメ】 金を残すは下、人を残すは上(八日市商工会議所会頭・田中敏彦)
【まちの解体新書】 秋田県横手市 「寄ってたんしぇ、かまくらの里へ」

【あの人を訪ねたい】 森永 卓郎(経済アナリスト)
【暖簾を受け継ぐ】 小倉屋山本
【こうしてヒット商品は生まれた!】 「家庭用脂肪計付ヘルスメーター」

 

<月刊『石垣』URL(詳細は以下をご参照ください)>
http://www.jcci.or.jp/nissyo/publication/ishigaki/ishigaki.html