トップページ > ニュースライン > 日商ニュース > 月刊『石垣』7月号が好評発売中

日商ニュース

月刊『石垣』7月号が好評発売中

 月刊『石垣』は、中小企業経営者らの経営判断に資するような、上質でしかも俯瞰的に選別された情報を提供する「日本商工会議所のビジネス情報誌」です。企業経営や地域活動の参考となるような取り組み事例や、各地で活躍している中小企業などを紹介しています。この機会にぜひご購読をご検討いただければ幸いです。

 

<7月号の内容>
【特集】 エコビジネスの着眼点
 地球誕生から46億年。われわれがこの数百年、地中に堆積されたCO2を燃料として大量に使用したことが一因となり、現在、地球温暖化が加速している。エコを意識した経営は確かに難しい。しかし、今や大企業のみならず、中小企業においてもCO2削減は大きな命題だ。今号ではCO2排出に配慮する環境経営とそれにつながるエコビジネスを成功に導く志、具体的事業のヒントになるような事例を紹介する。
【社訓のススメ】 「俺がやらねば誰がやる」(駒ヶ根商工会議所会頭・山下 善廣)
【まちの解体新書】 長崎県長崎市 「新しい日本の観光を求めて」

【あの人を訪ねたい】 野口 悠紀雄氏(早稲田大学大学院ファイナンス研究科教授)
【暖簾を受け継ぐ】 柏屋
【こうしてヒット商品は生まれた!】 「エコトクくん」

 

<月刊『石垣』URL(詳細は以下をご参照ください)>

http://www.jcci.or.jp/nissyo/publication/ishigaki/ishigaki.html