トップページ > ニュースライン > 日商ニュース > 「JB製品のテストマーケティングinミラノ」きょうスタート(日商・全国連)

日商ニュース

「JB製品のテストマーケティングinミラノ」きょうスタート(日商・全国連)

 「JAPAN BRAND」製品の本格的な海外展開に向け、ファッションの街イタリア・ミラノの人気セレクトショップ「URUSHI Milano」でテスト・マーケティングを実施する試みが、きょうから始まる。期間は14日までの13日間。主催は、JAPANブランド育成支援事業を実施している日本商工会議所と全国商工会連合会で、海外でのテストマーケティング事業は、米・ニューヨークのフェリシモ・デザインハウスで初実施(2009年1月25~2月7日)して以来2回目となる。ミラノ市内のセレクトショップ「URUSHI Milano」は、おしゃれな雑貨・インテリアのショップやデザインスタジオなどが多い、トレンド発信地ブレラ地区の一角にある路面店。期間中、特別に設置するJAPAN BRAND専用コーナーには、内子町商工会(愛媛県)の「Ja Gué Na」(和紙製品)、宮城県商工会連合会の木工製品、高山商工会議所(岐阜県)の「Re-Mix JAPAN」(漆器・陶器)、京都商工会議所の「KYOTO PREMIUM」(西陣織クッション、うちわ)、今治商工会議所(愛媛県)の「imabari towel」(タオル製品)など7プロジェクト8社の製品約60アイテムが並ぶ。
 現地では、マーケットポテンシャル、売れ筋などトレンド調査、価格設定調査、ターゲット調査などを実施。世界有数のデザイン先進地として知られるミラノでJAPANブランド製品の課題を抽出し、地域中小企業の海外販路拡大を支援する。
 今月20日には、フランス・パリの北マレ地区のギャラリー「エリック・ミルシェール」で、パリを拠点に活躍する料理研究家・上野万梨子氏の監修による10日間の期間限定ゲリラ・ショップをオープンする予定。今年1月下旬に開催した初の海外展示・商談会でパリ市民のハートをつかんだ「JAPAN BRAND」製品のうち、プロの視点から日常のシーンで使われる必需品約50アイテムを厳選し、実施する。
 詳細は、http://www.jcci.or.jp/mono/0902jbtmarketing/090224miranotestmarketing.pdfを参照。

   海外テストマーケティングの実施についてhttp://www.jcci.or.jp/mono/0902jbtmarketing/090224mirano.pdf
   JAPAN BRANDウェブサイトhttp://www.japanbrand.net/
   ものナビhttp://www.jcci.or.jp/mono/
   地域のブランド戦略http://www.jcci.or.jp/mono/JB.html


 JB特設コーナーを設置 3月2日 「URUSHI Milano」